スロット サラリーマン金太郎 期待値

スロット サラリーマン金太郎 期待値

「二人で寝さえすればいいですよ?」「……」銀海老を起こしてモニターの監視を頼みゴロゴロと転がって近づいてくる美射を振り払いながらテントの端で寝る

……背中が暑い

起きると、美射が背後に抱き着いていた

あなたも好きかも:楽天マラソン スロット
胸に手を伸ばそうとした両手を軽く払って起きる

銀海老の隣で、ミシカが座り込んでモニターを見つめていた

俺が起きたのに気付くと、銀海老の背中に隠れる

苦笑いしながら携帯食を食べていると次々に仲間たちが起きてきてそして、食べ始め、すぐに出発の準備を始めた

最後まで気持ちよく寝ていた美射を背負ってテントの外へと出ていく

あなたも好きかも:スロット 北斗 天昇 スルー回数
タズマエと山口が、手際よくテントを畳んでそして荷物へと詰め込んだ

あなたも好きかも:大花火 パチンコ
さらにそれをタズマエが背負う

銀海老はタズマエに肩車されてミシカは横に浮いているエパータムに座ってそして全員、まだ遥か遠くの光っている山脈へと進み始めた

そのうち美射が起きて、またミシカと談笑し始める

そのまま一時間ほど、人気の無い赤茶けた荒野を進んでいくとタズマエが、突然立ち止まった

「……思ったんだが、要塞から遠くなり、さらに この荒野に、一つ目族の防衛機構はなさそうだ

 ディヌズマ、そうだろう?」「そうだが、どうした?」「ミシカ、ディヌズマ、多少驚かすかもしれないが 害意はないし、移動手段としては 最も最適だ

少し、堪えてくれ」山口が察して、ミシカを片手で抱き寄せ俺と美射がディヌズマを引っ張ってタズマエから遠ざける