コスモ パチンコ バイト

コスモ パチンコ バイト

 それを僕は見たことがあった

 ラスティアラとスノウの使っていた魔法と同じだ

 確か、その魔法の属性は――「――鮮血魔法(・・・・)《アイカワ・カナミ/アイカワ・ヒタキ》」 鮮血魔法

あなたも好きかも:名古屋 スロット 中村区
 かつて、その魔法でスノウは竜に近づき、ラスティアラは偉人に近づいた

あなたも好きかも:スロット 偽物語 楽曲
 その魔法の発動によって、ノスフィーの栗色の髪の色が変わっていく

 その身に纏っている服のように、周囲の光と同じように、真っ黒に染まっていく

「その魔法は……!」 ノスフィーが口にした魔法名の中に、僕と妹の名前があった

あなたも好きかも:マカオ カジノ チップ 持ち帰り
 そして、その名前の通り、姿が僕たちに近づいていく

 黒髪黒目となって、噴出す魔力の中に次元属性と氷結属性が混ざりだす

「ふふっ、渦波様、渦波様、渦波様……! 渦波様ァアアア――!!」 そして、驚愕する僕にノスフィーは襲い掛かった

 その一歩は空間が縮んだかのように速く、その旗の一閃は天凜を感じさせるほどに鋭い

いままでのノスフィーさえも凌ぐ動きに、僕は反応が遅れてしまう――だが、その旗が僕に届くことはなかった

「か、かなみんっ、大丈夫っ!?」 旗と銃剣が打ち合わされ、鈍い音が鳴る

 ロードが間に入って、攻撃を防いでくれたのだ

「あ、ああっ、助かった……!」 心強い味方がいることに安心しつつ、僕は『クレセントペクトラズリの直剣』を握り直す

 ただ、その光景を見たノスフィーは、かつてないほど顔を歪ませた

「ぁあぁああ……、あぁ、ああああっ――! ロード、ロードロードロード、ロードぉおお! やはり、あなたはまたわたくしのカナミ様を奪うのですね! あなたは昔からそうです! 泥棒猫です!!」 戦闘に入ったせいか、ノスフィーの顔に張り付いていた微笑は崩壊した