パチンコ屋

パチンコ屋

「……お前、気づいていないのか」『ああん?』「散々アンデッドが支配下にある、とかいろいろ言っていたが……本当にそうなのか?」『なんだと?』「アンデッドを修復する場合、他者の支配下にあるアンデッドを修復するのは極めて難事である……できないわけじゃないがな

しかしだ、そこまでするくらいならむしろアンデッドの支配権を奪って直す方がよほど楽だ

より強いネクロマンシーの力、アンデッドに関わる魔法、その力を使えば相手の支配しているアンデッドを奪うこともできる……」『なっ!? まさか!?』「だがそこまでしてしまうと流石にわかるだろう

あなたも好きかも:カジノ バニー
そもそもお前が支配している、というのもどこまで、把握できているのかもわからない状況だ

何で気づかなかったんだ? 既にアンデッドの支配はできていない……アンデッド、彼自身の手に委ねられている」『なんだとっ!!』 アンデッドの支配に関するルール、魔法やその認識……悪魔はネクロマンシーの魔法を厳密な意味で使っているわけではない

アンデッドの作成は実質悪魔の特殊能力によるものである

それゆえにその支配、命令権、把握、認識……アンデッドのつながりはあるがそれは希薄でかなり微妙なものであった

とはいえアンデッドの作成者として実質支配しているようなものではあった

あなたも好きかも:パチスロ サクラ大戦~熱き血潮に~
ただ、そのアンデッドに関しては基本的に女性に任せて特に気にすることもなく、全く把握していなかった

ぶっちゃけどうでもいいとも思っていた

アンデッドはただ女性を絶望するだけの道具にすぎず、それに関して支配し操作するのはその時になってからでいいという考えであったのである

それゆえにここまで気づいていなかった……というのも妙に思える話だが、実際そうなっていた

「………………ミーシャ」「レクス!? レクス!!」 アンデッド……死体を蘇生しただけの死者ではなく、多大な力を振るう存在として作り直されたに等しいそれは実質不死に近い

あなたも好きかも:パチンコ 延長営業 札幌
その本来の性質、女性の恋人であった男性というその存在の核は残っており、不死のアンデッドとして支配から解き放たれ自分自身として存在することになった彼は……こうして自分を表に出すことができるようになったのである

『ちっ! 自由になるとか聞いてねえぜ!』 アンデッドが自分の操作から外れたとわかった途端、悪魔は逃げの一手を打つ

悪魔からすればアンデッドを利用し脅威を排除、そのうえで女性を絶望に落とすのが最も利の得られるものであるが……そうできないならそれはそれで自分の生存を優先する

女性がどうしようもなく、公也たちが襲ってくるつもりだったならばアンデッドを公也たちに向かわせ戦わせている中逃げるつもりだった

 しかしアンデッドが自由になった以上その目的を果たすことはできない

ゆえにすぐさま逃げる