ぱちんこ 不要

ぱちんこ 不要

あなたも好きかも:稲垣早希 パチンコ
 その上、近衛騎士の二名が騎兵たちに代わり、先導してくれることになった

 というのも、光理の門より先は、貴族ですらおいそれと立ち入ることのできない区域であり、許可を得ていない騎兵たちに案内させるわけにはいかないからだ

故に王宮に入ることすら許される近衛騎士が、セツナたちの先導を買って出てくれたというわけだ

 二名の近衛騎士は、詰め所に戻ると、すぐさま馬に乗って現れた

二頭の馬もまた、重武装の騎士が乗るに相応しい出で立ちだった

戦場でもないのに武装しているのは、近衛騎士の立場と権威を示すためであり、その威圧感こそが彼らの役割でもある、と、ミドガルドは冷笑するようにいった

あなたも好きかも:専業主婦 パチンコ依存症
 ミドガルドの話を聞いていると、彼がこの国の在り様に対し、なにかしら含むところがあるように思えてならない

 魔晶技術研究に没頭していただけあって、普通の貴族とは異なる感性の持ち主となっていったのかもしれないし、元々、そういった性格の人物だったのか、どうか

 光理の門を潜り抜ければ、神聖大橋に至る

 大いなる正道、栄誉ある大道に比べれば、道幅は随分と狭くなっているが、当然だろう

 橋なのだ

 とはいえ、立派にもほどがある橋は、やはりエベルの意向が大いに繁栄されたものに違いないという確信を持つ

 湖上に架けられた大橋は安定感抜群であり、魔晶装甲車両・疾迅がその上を移動しても微動だにしなかったし、たとえ速度を上げたとしてもなんの問題もなさそうだった

余程頑丈に作られているのだろうが、それもエベルが神の御業を用いたからなのかもしれない

 少なくとも、魔晶技術の賜物ではないとのことだ

 長い長い神聖大橋からは、デイル湖を眺めることができた

真昼の太陽光線を浴びた湖面は、まばゆく輝いていて、その碧さには目が眩むほどだった

風がなく、故に波も立たず、静かで、穏やかだった