スロット あの花 中段チェリー

スロット あの花 中段チェリー

風が、頬を撫でるようにして通り過ぎていく

 振り向けば、塚の向こう――遙か水平の彼方まで続く大海原、その海面を淡く波立たせながら吹き抜ける風は穏やかな潮騒を運び、潮の匂いを届けてくれるかのようだ

 神々に祝福された天候のおかげなのか、海の様子も平穏そのものであり、荒れる気配さえ見受けられない

 海に住み、海に生きるものたちも、この終戦記念の日を祝っているのかどうかはまったくわからないが、少なくとも、海を司る神々にとっても喜ばしい一日ではあるのだろう

 そんなことを想いながら、空を仰ぎ、来た道に視線を戻す

あなたも好きかも:パチスロ アプリ pc
「しっかり祈ったことだし、そろそろ帰りましょうか」「ということだ、ラグナ」「なんじゃ、わしは便利な乗り物か!?」「少なくとも俺の従僕だよな」「む、むう……正論を突きつけられては、反論のしようがないのう」 渋々といった様子でセツナの頭上から飛び降りたラグナは、一瞬にしてその姿を手のひら大の小飛竜から、セツナたち人間の数倍はあろうかという大飛竜へと変貌させた

「正論なのか」「みたいね」「乗るぞ、ふたりとも」 なにやらぶつぶついっているふたりを尻目に、セツナはそそくさとラグナの背に飛び乗っていた

 ファリアとエリルアルムのふたりがラグナの背に乗ると、翡翠色の飛竜は、その一対の翼を大きく広げた

まるで伸びをするかのように広げきった翼で、力強く虚空を叩く

あなたも好きかも:大海物語 4 スロット 天井
すると、ラグナの魔力が拡散するとともに周囲の空気が渦を巻き、その巨躯が空高く舞い上がった

 魔力による大気への干渉が浮力を生み、飛行する力をもたらすのだ

 ラグナは、その勢いで空中高く飛び上がると、悠然と蒼空を駆け抜けていった