ブラック ジャック インシュアランス

ブラック ジャック インシュアランス

『誰の子とも知れず、森に捨てられた子』『孤児だったのか』『素性も知れない子どもは村では元々忌まれていた

妻も病で死ぬまで拾ったことを後悔する始末、私も…………愛し方が分からなかった』『…………』『ただ、仮初の父母から愛想笑いだけを向けられて、それを愛情だと誤解したまま死ぬなんて…………可哀想だ』『おい』『私も解放されたい

だが、あの子が可哀想――』『それ以上、喋るな』 タガネは剣から手を離した

 娘を救う想いに隠れた醜い真実に、聞くに堪えず途中で遮る

あなたも好きかも:呉 パチンコ イベント日
 怒りで拳を震わせ、男性を睨む

あなたも好きかも:北見市 パチンコ ロイヤル
『責任が持てねえなら拾うな』『…………』『それなりの始末もつけず、他人に放って自分は楽になるな

あなたも好きかも:パチンコ 転職 中途採用
そんなヤツに哀れまれること自体が甚だ不快だ』『…………そうかな』『あんたの頼みは聞かない』 タガネは低い声で告げた

 それでも男性の表情は変わらない

『娘と向き合え、それが責任だろうが』『え?』『俺が許さん』 タガネは男性から病魔を取り除いた

 悲嘆に叫ぶのを無視し、体力が衰えていたのもあって動けない男性を残して先に村へと向かった

一家は病死したと偽る村人を押しのけ、トエルの下へ辿り着く

 トエルもまた死を望んでいた

 孤独に喘いでいた

 タガネはトエルを救い、ひとまず男性の下へと戻ったが――

『自刃…………!?』 宿屋で男性はすでに自死した後だった

 娘と向き合う

 責任やその重圧に堪えきれず男性は、すべで放棄してこの世を去ったのだ

孤独に苦しんでいたトエルに、さしものタガネも事実を明かせば精神そのものを壊しかねないと危ぶんで隠した

 一家は病死