ゲームセンター スロット 景品

ゲームセンター スロット 景品

俯き歩きながらも拗ねているような彼女に、真里乃は苦笑した

 中庭にでも行こうと、優樹のペースに合わせて歩いていると、クマジーを抱える姿にすれ違う看護婦や白衣姿の誰かたちに笑われ、「クマジーの新しいご主人様になったの?」 と、何度となく声を掛けられた

他にも、入院患者だろう老人や子どもたちとすれ違うと、「クマジー」と笑顔で声を掛けられる

その度に、愛想よく会釈していた真里乃は、彼らの背中を見送り、顔をしかめた

「……そのぬいぐるみ、……クマジィ? ……人気者なの?」「……、わからないです……」「みんなが知っているみたいね……」 どこか感心するようなため息を吐く真里乃に、優樹は両腕で抱えるクマジーの頭を見下ろした

 ――本当に、どうしてみんな知っているんだろう

“あの子”が何かをしていたんだろうか

“何か”をしていた、とすれば、それは……

そう考えていると、遠くから笑顔で男の子が駆け寄ってきた

あなたも好きかも:黒神 感想 スロット
パジャマのような上下お揃いの服装を見ると、入院患者だろう

足を止めた優樹の前で立ち止まると、クマジーを嬉しそうな笑顔で見上げて手を伸ばしてきた

あなたも好きかも:サクラ大戦 3 スロット 事件
「クマジー!!」 大きな声を上げる男の子に、真里乃は腰を曲げて首を傾げながら微笑んだ

あなたも好きかも:岩手 県 パチンコ 店
「このクマさん、知っているの?」「うん! 友達! クマジーこんにちわーっ」 元気よく声を掛けるが、無反応なクマジーに「?」と首を傾げた

「どうしたのクマジー? 元気ないの?」 優樹はピクッと眉を動かし、頬を引き攣らせた

……ま、まさか……!?「クマジー? クマジーどうしたの? 今日は機嫌が悪いの?」 クマジーのダランと伸びきった手を引っ張って、心配げに顔を覗き込む幼い少年に、優樹は「うっ……」と戸惑い、嫌そうに背を伸ばした

「クマジー? ……ボクのこと嫌いになったの? どうして何もお話ししてくれないの?」 段々と悲しげに顔を歪めて涙を目に溜めていく男の子に、真里乃も「ど、どうしたのかしら……」と、困惑げだ