スロット 闇芝居 評価

スロット 闇芝居 評価

よく見るとこの部屋だけ、ほとんどが石で出来ている

あなたも好きかも:マイクロスロットカー
部屋というより、大きめのベランダといった方がいいのかもしれない

 風に揺られてカタカタと絵が動くのがみえた

 オレ達が以前、屋敷からここに来たように、戻ることができるのではないかと手をついてみる

だが、特に反応はなかった

 壁にも落書きがあるわけでもなし、奇抜なのは4分割したテーブルだけだ

 これで一通り見て回った

 特に置いてあるものに、資料というものはなく、本当にガランとした何もない家だ

「これで全部の部屋を見て回ったっスね」「さて、どうしよう」「とりあえず、ジラランドルを呼んでみようと思います」 カガミが、ブラウニーのジラランドルを呼ぶことを提案した

ギリアにある屋敷の元管理人である彼ならば、この家について、何か知っていることがあるかもしれない

あなたも好きかも:烈火の炎 パチンコ 虎柄
「そうだな

あなたも好きかも:スロット いそまる
元管理人ならこの家についても知っているかもしれない

ちなみにロンロ……」「私は知らないわぁ」 ロンロが自慢するように知らないと言う