北斗 スロット 世紀末救世主伝説

北斗 スロット 世紀末救世主伝説

 花を愛でていたアストレアが振り向く

 胡乱げに見つめる瞳は、セヌ自身にすら興味が無いようだった

 足下に咲いた一輪を摘み取る

「ユルヌのことかな」『ええ』「どうして?」『連中はレギューム創設から禍根のあった部族

我らこそ世を統べる秩序だと宣い、犯罪国家に堕ちた危険集団だ』「そうだね」 アストレアは退屈そうに声を返す

「レギューム打倒」『…………』「それが完了すれば僕にも牙を剥くだろう」『なら、なぜ手を組んだ?』「まだ協力関係じゃない」 アストレアが鼻で笑う

 先月だった

あなたも好きかも:ムサシ パチスロ
 ユルヌの民の一人がリギンディアを訪ねる

 それはレギュームへの叛意への賛同であり、対等な協力関係を築く提案だった

あなたも好きかも:咲 スロット rb
 これを一部の者は嗤った

あなたも好きかも:苫小牧 カジノ いつ
 所有する国土の規模などが桁違い

 北の奥に住む小国の民と対等ではない

 だが、長く国を治世しており、今やリギンディアの配下となった各国の元重鎮たちはこれを悪くない協定だと判断した