スロット リオ 天井

スロット リオ 天井

 オーファローの周囲の大気が揺らめいている

離れているはずなのに、肌に異様な熱気が届いてくる

そして今まで感じなかった奴の禍々しい魔力があらゆる感覚で認識できるようになっていた

「……ザハッヴァという魔族は自らを蜘蛛と名乗り、蜘蛛の脚を武器にしていたそうね」「オーファローは自らを炎陽と名乗った……つまりはそういうことか」 オーファローの足元の大地が熱で溶け始める

奴は炎や熱を扱うのではなく、奴そのものが熱の塊

自らの温度を上げ、村をまるごとその熱で包んだのだろう

あなたも好きかも:わんパチ パチンコ
「まだ息はできるように、熱が広がる範囲は抑えてあげるよ

だけどできるだけ諦めないようにね

諦めたら、すぐに終わりにするから」 ◇ ザハッヴァの猛攻をしのぎつつ、肉体の損壊を狙った攻撃を蓄積させていく

首の切断に対しては警戒を示しているが、蜘蛛の足に対する反撃などには警戒がない

あなたも好きかも:スロット 終了日
体力を削られている自覚はあるものの、手足への反撃を防ぐほどの余裕がないのだろう

「鬱陶しい、鬱陶しい、鬱陶しい!こんなにも見苦しく、身を守る技ばっかり使って!嫌になるわ!」「そりゃこっちの台詞だ

あなたも好きかも:石川 県 ば くさい パチンコ
斬っても斬ってもニョキニョキ再生しやがって

ま、このまま持久戦に持ち込むつもりは毛頭ないけどな!」 アークリアルが蜘蛛の足を斬り落としたタイミングで、背後からギリスタが飛び込んでくる

獣の口のように開いては閉じる大剣、その力を開放し、ザハッヴァの胴体へと噛みつかせた

「っ!」「あっはぁーっ!人を食い千切るよりもいい感触ぅーっ!」 ザハッヴァは魔力強化を解き、ワザと体を切断させて大剣から逃れる

再生をしながら距離を取り、ギリスタの方へと忌々しそうな視線を向けた

 私とアークリアルは持久戦を狙って防御寄りに戦っていたわけではない

ギリスタがザハッヴァに斬り掛かるタイミングを作っていたのだ