スロット リーチ目 ジャグラー

スロット リーチ目 ジャグラー

「ナ・ズマーク討伐に私も一緒に行きたい所だが 君たちが討伐成功することを見越して、私は機械人間達を地上へと 脱出させることに集中しようと思うが……どうだろうか」「いいと思うよ

マイカとワハも一緒に頼む」「ああ、任せてくれ

あなたも好きかも:裏 ボタン パチンコ
彼女らが起きてきたらすぐに連れて行く

 ナ・ズマークの居場所については この地図の通りに通路を下っていけば、たどり着けるだろう

 電子機器でもいいとは思ったが、あえて確実な、紙による伝達にした」バルージャは一枚の地図を渡してくる

「本当は、先導役に機械人間を一名つけたいところだが、 久々に出会った彼らの顔を見ていると……どうしてもなあ……危険に近づけるのも……」バルージャは申し分けなさそうな顔をする

そりゃそうだろう

勝手に失踪した自分を忠実に何万年も待っていてくれたわけだから、いくら機械と言えど大事にしたいという気持ちは分かる

その気持ちが伝わってきた瞬間に、腰のポケットに突っ込んだ鞘ソードが光る

「お、おお

あなたも好きかも:スロット mami
それは何かね」慌てて鞘ソードを取り出すと、一メートルほど刀身がグリップから伸びだした

「その手の発光は、私は見たことがないな

タカユキ殿の武器かね? やはり、その光で斬るのかね?」「うん

あなたも好きかも:uo ペット スロット
そうなんだけど、扱いづらくて困ってる

 この光は俺の生命力みたいで、吸い取られて衰弱したこともあるし」「そうか、生命の形なのか……

発動するときの、何らかの切欠があるはずだよ