小林 よしのり パチンコ

小林 よしのり パチンコ

その一角、由比浜という表札が立てられている家のリビングで女性がひとり深いため息を漏らしていた

 遺伝的なのか、以前は娘と並ぶと姉妹と言われることもあったほどの若い外見のその女性は、今テレビに流れているニュースを見て憂鬱な顔をしていた

あなたも好きかも:ダクソ3 スロット
 そのニュースの内容はといえば、今朝方から秋葉原一帯が封鎖され、現在もそれが継続中である……というものだった

あなたも好きかも:キマイラ ブラックジャック
 各放送局で並んで特別報道番組が組まれているが、状況は依然として不明なままだ

あなたも好きかも:花輪 パチンコ店 開店
何が起きているのかという不安が付きまとう

「避難は間に合ったという話だけど、心配ね」「……ああ」 その女性、由比浜(ゆいはま) 琴音(ことね)の言葉に夫である由比浜(ゆいはま) 直久(なおひさ)が頷く

 ふたりが子供たちを亡くしてからもう三年が経っている

そして、彼らが見ているニュースは、かつて起きた事件の傷を呼び覚ますものだった

 あの戦争と呼ぶべきかテロと呼ぶべきかも分からぬ日本国内で同時に発生した事件は、当事者たちがすべて交戦によって死亡したことで国際社会の中ではすでに終わったこととされていた

 もっとも、それは当事者にとっては未だに終わることのない悪夢そのものだ

あの朝「いってきます」と言って玄関の扉を開けて出掛けていったふたりはもう二度と戻ってはこないのだから

「しかし、なんだこれは? いつの間に特撮に変わったんだ?」 直久が不機嫌な声でそう口にする

 テレビに流れている映像は、いつの間にか六本腕の黒い巨人と水晶で覆われたドラゴンが秋葉原の中央通りで対峙しているものに変わっていた

 六、七階建ての建物ほどもある巨体同士が争い、ビームを放ち合って、最終的にドラゴンが持っていたふた振りの剣が巨人を斬り裂いて決着が付いた

 CGにしてもあまりに出来が良すぎる映像だったが、現在進行形で発生している事件の合間に流すのはあまりにも不適切に過ぎた

直久が眉をひそめるのも当然のことだった