happy パチンコ

happy パチンコ

あれ~?」ルイの視界に入る道はまっ平らなのだが、いざ歩いてみると脚の筋肉の感覚は坂道を歩くものである

「何か、気持ち悪いな」旧領主邸に向かいながら、ルイにしては珍しく弱音らしいものを吐き出した

『旧領主邸は随分と昔に建てられたんだろうね

最後の砦の役割もあっただろうから、色々仕掛けがあってもおかしくない』通信機から朗々とウサギの賢者が語る

それを聞いて、学問が苦手な事を自負しているルイではあるが、この"平坦に見えるのに実は坂道"が仕掛けであると気がついた

あなたも好きかも:パチンコ 換金 バイト
「じゃあ、戦の時はこの坂道で甲冑きて、あの旧領主邸まで攻めに行くんですよね?

うへえ~」坂を登りながらも、ルイはその状況を想像するのも辟易していた

『ルイ君がそんな声を上げるって事は、坂はキツくて長いみたいだね』「いやあ、何も知らないで平坦な道と思って走ろうもんなら、オレでも確実に数時間後には筋肉痛もんすよ

オッサンと剣の鍛錬はしたりするけれど、坂道を走る部分の筋肉なんて日常的につかわねーもん」数時間後に筋肉痛というルイの言葉は、最近、運動の2日後に筋肉痛が来たりするウサギの賢者には、年代の差を感じさせて貰える発言だった

 「リリィは連れて来なくて正解だったかも

あなたも好きかも:モンハンクロス 双剣 スロット3
体調が悪くなっているのに、この坂道はキツいっすよ」ウサギの賢者が、年代の差を感じているのを全く知らないルイは、少年ながらも紳士的な心配事を口に出していた

あなたも好きかも:津駅 パチンコ
『一応、今日はグランドールとアルス君は1日ミーティング

ルイ君とリリィは午前中、ロブロウ側が用意してくれた家庭教師と勉強して午後は自由―――』「はあ?!、オレ勉強なんて聞いてないっーの!、じゃなくて聞いてないっすよ!」『ルイ君、声が大きいどうどう』まるで暴れ馬を馴らす調教師のように、ウサギの賢者が落ち着いた声を出す

『聞いてないのも当たり前、だってグランドールが言ってないんだもん』だもん、という少々ふざけたウサギの賢者の言葉で、グランドールによる差し金だとルイは漸く気がついた

『今回はアルス君が、グランドールの補佐みたいな形だから

調査とはいえ、本当は補佐の仕事はルイ君の場所なんだろうけれど、ごめんね』ルイにしてみれば、予想外のウサギの賢者の気遣いだった

「へ?いや、別にいいっすよ

あ、もし気にしているなら、オレの勉強を免除してください」ウサギの賢者は賢者で、自分で考えているより、ルイはグランドールの補佐、"側近"のテリトリーに固執していない事に驚いていた