ゴッドイーター パチスロ 打ち方

ゴッドイーター パチスロ 打ち方

 顔をしかめる優樹に反町は深く息を吐いた

あなたも好きかも:パチンコ ガイドライン
「いいよ

この分は別の日にがんばるから」「余裕はねぇはずだぞ」 達也は険しい表情で口を挟んで腕を組んだ

「おまえ、本気で合格する気はあるのか?」「ありますけど、今はそれどころじゃなくて」「おまえが今一番優先しなくちゃいけないのは勉強のはずだろーが」「違います

ボクが一番優先にしてるのは優樹です」 目を据わらせて即答され、優樹はキョトンとした顔でパチパチと瞬きを繰り返していたが、ボッと顔を赤くしてモジモジと俯いた

 周りのみんな同様、達也は「はいはい」とうんざり気味にため息を吐く

「それはそれで結構だ

けど、天使ちゃんのためだってンなら尚更、ここで油売ってる場合じゃねーだろ」「ヒマを持て余してるみたいな言い方ですけど、そういうんじゃないんです

今、優樹が誰かに狙われてるから」「だったら一平たちに任せりゃいいだろ

あなたも好きかも:パチンコ 換金方法
それとも、こいつらを信用出来ないってのか?」 部室にいるみんなの方に顎をしゃくられて、反町は恨めしそうに目を細めた

――そこを突っ込まれると、ぐうの音も出ない

 口を一文字に結んで拗ねているようにも見える反町に洋一は苦笑した

「行って来い

優樹はちゃんとオレらがカバーするし」「そうそう

かのん、ちゃぁーんと優樹の傍にいるから」 みんなに「大丈夫大丈夫」と頷かれ、反町は浮かない表情でそっと優樹を覗き込んだ

「……一緒に大学行く?」 言葉では“問い掛け”だが、目が「一緒に行こう?」と悲しげに伝えている

 優樹が顔を赤くして言葉に詰まっていると、達也は「ったく」と、何度目かわからないため息を吐いた

「何甘ったれたコト言ってンだ

早く行け