スロット ハマり

スロット ハマり

いつか眠っているマーリンさんの布団に潜り込んだ時にも、僕では味わえない聖母のような柔らかな優しさに包まれて幸せそうに眠っていたこともあった

そうか…………そうかぁ、そんなに気持ちいいのかぁ…………良いなぁ…………っ

「くそ……良いなぁ……っ! ミラだけ…………ずるい……良いなぁあ…………ッ!」「…………アギト

君はそういうの口には出さないタイプだと思ってたけど……」 だって……だってぇ…………っ! 動く気なんてまるで無いミラと、それを動かせないから動けないマーリンさんと

あなたも好きかも:マクロス3 スロット
それからショッキングな物を見てしまって、諸事情あって動けない僕と

あなたも好きかも:爆サイ 京都 パチンコ
三人揃ってしばらくそのまま書斎の床で笑うしかなかった

この日、ミラの肩書きが次期市長でも勇者候補でも無く、おっぱい星人になったのは語るまでも無い

良いなぁ…………ッ!

あなたも好きかも:パチンコ グランシャトー
結局ミラはマーリンさんの腕の…………胸の中で眠ってしまった

こう、あれだ

ミラがもぞもぞ動く度に、こう………………もにゅもにゅ形を変えるから、さ

ハッキリ言おう、これは国宝に指定するべきだ

そして同時に人の目につかない場所に保管するべきだ

今すぐに!「……こいつは、まったく

さっきまであんなに怯えてたクセに、本当に反省したんかね」 すやすやと寝息を立てるその姿と、さっきまで真っ青な顔で懺悔を繰り返していた少女とは、まるで一致しなかった