パチンコ ハンドル固定 当たらない

パチンコ ハンドル固定 当たらない

「まあまあ、炎術師としては超が付くくらい優秀ですね~♪♪」「………

」芹澤さんの能力を褒めたたえてはいるけれど

あなたも好きかも:悪魔 城 ドラキュラ スロット 天井
炎による影響を一切受けないまま芹澤さんの体を抱きしめ続ける宮野さんの言葉は嫌みにしか聞こえないわね

「ホントにすごいと思いますよぉ♪♪でもでも~

あなたも好きかも:銀と金 パチンコ プレミア
力の使い方を間違えてるから無意味ですけどね~♪♪♪」「く…っ!!ムカつく子ね…っ!」余裕の態度で話し続ける宮野さんを睨みつけることしか出来ずに、最初から最後まで攻撃に失敗し続けた芹澤さんの炎が徐々に弱まっていく

…もう、限界ね

魔力が尽きたのが分かるのよ

「次は…絶対に…殺す…っ!」宮野さんに対する憎しみを呟く芹澤さんだったけど

そのまま意識を失って倒れてしまったわ

「…ほぇ~

あなたも好きかも:パチスロ 旧基準機 撤去
」力尽きて倒れた芹澤さんを眺めていた宮野さんは、今まで抱きしめていた手をあっさりと放してから周囲に燃え盛る炎を再び断ち切ってみせたわ

「ダメダメですねぇ♪♪♪」………

手も足も出せないまま力尽きた芹澤さんを見下ろす目には嘲りしか感じられないわね

「もっと周りを見たほうが良いですよぉ♪」…ん?…周り?意識を失っている芹澤さんにのんびりと忠告したあとで、何故かカリーナの待機所側を指差したのよ

…何なの?どこを示しているのかを確認するために視線を動かしてみると

「そ、そんなっ!?」驚きのあまりについ叫んでしまうほど予想外の出来事がその場所に存在していたわ

「み、宮野さんが…二人っ!?」カリーナ側に近い試合場の片隅にもう一人の宮野さんがいるのよ