押上 パチスロ

押上 パチスロ

 突如視界に浮かび上がったイリアス=ラッツェルの一閃が私の左腕を切断したのだ

 元来の幻術を見せる力の方も使えるとは、いや使えるものだと何故考慮できなかった!「浅いかっ!」「この、舐めるなぁッ!」 残った右脚をイリアス=ラッツェルへと叩きつけようとした瞬間、尻尾が切断される

あなたも好きかも:スロット エックス データ
 今度は真なる方か、交互に使われては最早何を警戒すれば良いのか

「これで……どうだっ!」 イリアス=ラッツェルの剣が深々と首筋から腹部まで届くほどに体を切り裂いた

あなたも好きかも:ポケットwifi オンラインゲーム ps4
 膨大な魔力が奔流しこちらの内部に深いダメージを与えていく

 私の意識はそこで―― これは何だ、いつの記憶だ

あなたも好きかも:スロット 文字数
 ああ、覚えている、覚えているとも

 主様がユグラに倒される少し前、私が大悪魔になる前、他者と違いのない悪魔の姿をしていた時の記憶だ

 主様の姿は今も昔も変わりない

 自我の芽生えた我々に指示をだし、圧倒的な支配を成し遂げた魔王

 その最前列に加わることはできずとも、その偉大さは常に感じていた

 私は悪魔の中でも特に不出来な存在だった

 成長速度が他の悪魔よりも著しく劣っていた

 だからこそか、私はより劣っているという実感を持ち、その分だけ僅かに賢かった

 ああ、いつの日か我々を生み出したこの創造主の為に戦いたい

 言葉にすることすらできずとも、本能が、魂がそう感じていた

 しかし主様はユグラによって打倒された

 残った悪魔達は散り散りに逃げ去っていった

 私も同様だ、死の恐怖からユグラから逃げた