パチンコ 着信アリ 保留

パチンコ 着信アリ 保留

「君たち・・・・・・?」「あのなあ

そろそろくだらない芝居はやめたらどうだ?」「なんのことだい?」 折角フローリアが忠告したのに、男は悪びれない表情で首を傾げている

「そんな演技で私たちをだませていると考えているのだったら頭が弱すぎる

あなたも好きかも:北与野 パチスロ
とぼけるにしてももう少しうまい方法があると思うぞ?」 容赦ないフローリアの言葉に、シュレインとワンリはうんうんと首を縦に振っている

 ちなみに、コウヒがフローリアたちのやり取りに全く関与していないのは、いつものことである

「中央の通りではないとはいえ、それなりに人通りがあるはずの場所でこんな白昼堂々と女性四人が襲われているのに、人がほとんど集まってこない

それだけでも十分不自然だろう?」「誰かが手引きして集まらないようにしていたと考えた方が自然じゃろうな」 シュレインの言葉に、フローリアは「うむ」と頷いてから続けた

あなたも好きかも:大吉 買取 パチンコ
「極めつけは、前からこそこそと様子を窺っていた輩が、タイミングよく男たちの前に現れたことだ」「普通に考えて、仲間と考える方が自然ですよね」「まあ、仲間というよりも金で雇ったというべきじゃろう」 シュレインの捕捉に、ワンリが首を傾げた

「仲間じゃないんですか?」「・・・・・・ふむ

いや、吾らからすれば、仲間といっていいじゃろうな」 そんなフローリアたちの会話を聞いていた男は、完全に表情を無くしていた

あなたも好きかも:パチンコ 花の慶次 雲の彼方に
 フローリアの言うところの演技を止めたのだ

「ふん、つまらん

折角お前たちにとっての良い舞台を用意してやったと言うのに

・・・・・・おい! 待て!」 自分の言葉を最後まで聞こうともせずに、踵を返したフローリアたちに、男は声を荒げた

それに、辺りにいる者たちだけで吾らをどうにかできると考えているのだったら、頭がおめでたすぎるの」「ワンリ、全部で何人いる?」「うーんと、あっちに三人

こっちは、さっきの男の人たちが五人