パチンコ ヘルシング

パチンコ ヘルシング

「何がですか?」「立花の後をしつこぉ追い掛けとったのに

あなたも好きかも:豊中市 パチンコ
おとなしぃなったなぁ」 「エライエライ」と言わんばかりにポンポンと頭を軽く叩くと、多美は目を据わらせて不快さを露わにした

「海外に脱出するって聞いてなかったんです

しかも、大島先輩のトコのプライベートジェットを飛ばすなんて」 怒りのろうそくに炎を灯し始める多美の気配に、美代子は「ヤバイ!」と顔色を変え、大介は大介で「しまった!」と目を見開き固まった

あなたも好きかも:カジノ アイコン
 立花のことを諦めてパーティに参加しているのではなく、諦めるしかなかった、というのが本音だったか

 悪魔を目覚めさせてしまった多美は、不敵な笑みを浮かべた

「……そうだ、先輩たち

あなたも好きかも:ブラックジャック fantastic
……一緒にダーツして遊びませんか?」 大介と美代子と勝則の顔から血の気が引いた

ダーツなんて、わざわざ悪魔に凶器を持たせるようなものだ

「た、多美ちゃんっ……、あ、遊びたいんやったら……ほなチェスでもするかっ?」 頬を引き攣らせて笑いながら大介が慌てて誘うと、美代子も「うんうん!」と強く頷き続いた

「ダーツなんて! それよりもチェスの方が優雅でお淑やかで多美ちゃんにはピッタリだと思うなー!」 憧れの笑みを浮かべて勧めてみるが、多美の不敵な笑みは変わらない

 勝則は「……はは」と頬を引き攣らせて笑っていたが、ふと上着のポケットを見下ろすと「ちょっと失礼します」とその場を足早に離れて大窓を開け、バルコニーに出た

 外に出ると頬をチクチクと刺すような冷たさに襲われたが、身震い一つしてポケットからスマートフォンを取り出し、掛かってきた電話に出た

「はい? ……、はは、メリークリスマス」 フェンスに腰を付いてもたれ、明るい室内を窺いながらも笑顔で聞き耳を立てて話しをする

「うん、みんな集まってるよ