バカラ 星型

バカラ 星型

ちょっと振ったら雷がビュンビュン飛ぶよ」「それ、私に頂戴!!」「あ、俺でもいいっすよ!」と食い入るようにダガグロを見つめた二人を見て、彼女は首を振り「ふたりにはまだ早いなー

もうちょい強くなったら 君らに合った得物が、自ずと近づいてくるはずよ」と軽くかわすと、俺の顔を見てさらに説明しだす

「でな、リサーチしたらたっくんの仲間では、サーニャちゃんと言う元八宝使用者が槍を……」「あ……」「どしたん?」タガグロは水に食塩を少し入れながら飲む

「サーニャさん、大丈夫だろうか……」アルデハイトは朝日を見ながら、コーヒーを飲んで「そろそろ、終わったころですかね」と意味ありげに呟いた

俺は再び不安になる

あなたも好きかも:ウサギオンライン スロット
選択を間違ってなければいいんだが……

あなたも好きかも:宇宙を駆ける少女 パチンコ
姿を消して、俺の肩にのったままのにゃからんてぃが左肩をポンポンと二回叩いた

あなたも好きかも:パチスロ ウェイト時間
自室と高級士官用の食堂は近いので、案内は要らないということで、調印式の時間が近いタガグロとは別れて俺の自室に向かう

食堂から出るとすぐににゃからんてぃは姿を現した

「便利っすねー」「ぐぬぬ……兄さんの肩を取られているのは悔しいが……守ってくれるならばしかたない」ミーシャは謎の納得をする

サーニャ……自業自得とは言え、正気だったらいいんだが……

と心配しながら部屋のドアを開けると、普通にソファに座ったサーニャとマイカが並んで談笑していた

「……朝食……食べたか……」と冷蔵庫から取り出したらしいジュースを飲みながらマイカが微笑む

いや、え……ちょっと……あれ?「サーニャさん大丈夫だった?」と訊いてみても「なんのことですか?私はずっとマイカ様と喋っていただけですけど」と首を傾げる

というかマイカ"様"って……

洗脳した上に催眠術で記憶を消したのか……