ブラックジャック 勝てない

ブラックジャック 勝てない

うん」「そうですか」 考助のその下手な言い訳に、サラサは納得したのか、ひとつだけ頷いて再び作業を続けた

 勿論、考助の隣にいたフローリアには、ただの言い訳だとまるわかりで、サラサの見えないところで腕をつねられていたりする

 こうした小さなミスも、まだこの環境に考助が完全には慣れていないからこそ、発生するのである

 フローリアに突っ込まれて反省していた考助は、気になったことをサラサに聞くことにした

あなたも好きかも:賭博罪 パチンコ
「サラサは、クラウンとこっちで掛け持ちだけれど、きちんと休みは取れている?」「ええ、勿論です

クラウンは休みをきちんととるようにと厳しく指導されますし、こちらはこちらで週一度は休みが充てられていますから」 別荘の管理とクラウンの休みがかぶるように、きちんと調整されているとサラサは続ける

 表向きこの別荘の管理は、クラウンがサラサを派遣しているという形がとられている

あなたも好きかも:東京 レイヴンズ スロット 天井 期待 値
 そのため、スケジュールに関してもばっちりクラウンが握っている

 考助が別荘に来るかどうかは完全にそのときの気分次第だが、必ずサラサがいるというわけではない

 きちんと休みを取っているという言葉に納得した様子を見せた考助だったが、サラサが困ったような表情を浮かべた

あなたも好きかも:モンハン 3g パチンコ 装備
 それに気付いた考助が、何かあったのだろうかと問いかけた

「何か休みで問題でもあるの? 忙しすぎるとか?」「いえ! とんでもございません! そうではなく、むしろ休みの日に何をしていいのか、未だに分からないのです」「あー、なるほど

それはあるだろうな」 サラサの言葉に何かを言うよりも早く、フローリアが言葉をはさんできた

 そもそも考助がクラウンを作ったときに、定期的な休みを取るということを導入したため、いまでは週一程度で休みを与えられることは普通に行われている

 だが、それ以前は、休みをとることなど特別な何かが無い限りは、なかったことなのだ