弱虫ペダル スロット 黒 マニュ

弱虫ペダル スロット 黒 マニュ

 しかしそんな甘い考えもすぐに吹き飛びます

あなたも好きかも:パチンコ 府中本町
偵察隊からの報告に彼は冷水を浴びせられたような衝撃を受けてしまったのでした

 なんと、敵に取り残されているのはオーストリアではなく自分だ、と

丘の周囲はオーストリア兵だらけで、イタリア軍は、あの亀のように閉じ籠もっていた二個師団すらとっくに後退してしまった後でした

 オーストリア第7軍団司令官マローシッチ中将は予備として後ろに控えていましたが、この決定的な瞬間に戦場に登場します

あなたも好きかも:ポイペット カジノ
ここからアルブレヒト親王が投入した第7軍団の残り二個旅団(テプリー大佐旅団とヴェセルスハイム大佐旅団)の猛攻が始まりました

親王の決断は実に冴えていたのです

あなたも好きかも:パチンコ 大洲 ポポロ新谷
 午後4時30分

勇躍戦場にやって来たマローシッチ司令官は手始めにベルヴェデーレの丘へこの二個旅団を全力投入、イタリア第9師団は、一気に丘を駆け上った敵旅団の銃剣突撃を受けてしまいました

こうしてマルモラの下した撤退命令を知らなかったゴボーネの第9師団はたまらず敗走に移りました

ジョセフ・F・マローシッチ 同じ頃クストーザの南では、オーストリア第9軍団ハーツィング司令官が部隊を二つに分け、一つは南から来るであろうイタリア第2軍団への対処のために残すと、もう一つの部隊でクストーザ南方に残っていたイタリア第3軍団所属の第8師団を攻撃し、多くの捕虜を得ます

既にこのイタリア軍部隊は戦意を失っていました

 更に北のサンタ・ルチアを片付けたオーストリア第5軍団も駆け付け、イタリア軍は雪崩を打ってミンチョ川へと退却して行きます

 午後5時

早朝、この戦いの最初に突撃を敢行したプルツ大佐らの騎兵たちがイタリア軍を追撃し更なる出血を強いて、長かった一日を締め括りました

 マルモラが待ちわびていたクージャ中将の第二軍団は、昨夜の雨で泥沼と化したミンチョ河畔の沼地で渋滞し、結局決戦には間に合わなかったのです

「戦いの後、クストーザの惨状は思わず目を伏せるもので、田園の一軒家は炎を上げ、その周りには死体が積み重なり、また、部落の至るところに重傷で死にかけた兵士や、手足を失って動けなくなった者が溢れていた」(普墺戦史・オーストリア参謀本部編/意訳)クストーザの戦い この戦いでのオーストリア軍の損失は7,956人(内捕虜は1,500人)、イタリア軍は8,145人(内捕虜は4,000人)

 勝ったオーストリア軍の死傷者が多かったのは、イタリア側が丘陵などの上に陣取って防戦一方だったのに対し、丘を登りながらの銃剣突撃が多かった事が理由として上げられます