パチンコ 7月 新台

パチンコ 7月 新台

その瞬間、小百合の刀が眩く輝きだし、次の瞬間破壊が巻き起こった

土曜日なので二回分投稿これからもお楽しみいただければ幸いです

小百合が振り下ろした刀は衝撃波を発生させ、一直線に破壊の跡を作り出してた

あなたも好きかも:アミパラ 広島 スロット
直径十五メートルほどの溝が、目の届く限りに延々と続いている

あなたも好きかも:パチンコ レトロ台 ゲームセンター
先ほどまで敵が陣地にしていた部分にあった障壁も、陣地も、守っていたはずの方陣術も、すべて一様に抉られ、巨大な溝の道ができてしまっていた

その光景を見た多くの魔術師が「あぁ、またやった」と感じていた

当然小百合のお目付け役代わりになっていた春奈も同様だった

そして小百合が振り下ろした刀をゆっくりと持ち上げると、刀全体に亀裂が入っていき、壊れてしまう

刀身から鍔まで砕け、残っているのは柄部分だけとなってしまったその刀を見て、小百合は小さくため息をつく

「腕が落ちたな

前のお前なら砕けるのは刀身だけだった」「馬鹿を言うな、何の打ち合わせもなしで合わせてやっただけありがたいと思え」先ほどの小百合の攻撃は、一人の力で成り立っているものではない

小百合と春奈の連携技なのである

今まで、かつて一緒に行動していた時に何度も繰り返した攻撃だ

その攻撃の原理は簡単である

康太も使える熱蓄積と熱量転化の合わせ技

小百合の刀には常に大量の熱量が蓄積され続けていた

本来であれば熱量転化によって転化された熱量は放射状に爆発にも似た衝撃波を作り出すのだが、春奈はその攻撃の発動に合わせて衝撃波の方向を一点に集中させたのである

時間的な猶予と事前の説明とタイミングを合わせるための合図などがあれば、被害を最小限にとどめることもできたのだろう