ブラックジャック 二次利用

ブラックジャック 二次利用

マリー・エドワーズのHP全回復マリー・エドワーズの状態異常回復マリー・エドワーズが汎用クエスト初達成 スキルポイント1入手マリー・エドワーズがコモンスキル『魔力操作』を習得 スキルポイント1減少マリー・エドワーズがログアウトマリー・エドワーズに憑依

あなたも好きかも:スロット 思い出 5号機
マリー・エドワーズのHP/MP全回復マリー・エドワーズの状態異常回復マリー・エドワーズがワールドクエスト初達成 スキルポイント100入手

あなたも好きかも:パチスロ アタック no 1
「珍しい生き物を捕まえて貴族に売る、ですか

冒険者はそういうこともするのですね」 宿にて公也が今回の仕事とその成果に関しての報告をする

あなたも好きかも:戦国無双 スロット 無限
まあ仕事の成果と言っても正式な仕事ではない

そのうえ話を持ち掛けてきた男が仕事を受けているということであり公也が受けたわけではない

相手側がその気になれば成果を奪い得た報酬を持って逃げることもできるだろう

「冒険者だもの

なんでもするわよ

でもキイ様、話を聞く限りその男は信用できるのかしら? 貴族相手のお仕事なら報酬は高額なんでしょう? 欲に目をくらんで逃げたりしないの? 必要なら私が毒を仕込むけど」「ヴィラ、そこまでしなくてもいい

まあ今日あったばかりの相手を信用できるとは言わないが……そのあたりはおそらく大丈夫だと思う

何かあれば容赦なく叩き潰すだけだからな」「何もないのが一番ですね」 アリルフィーラはのほほん、とヴィローサと公也の話している不穏な話に反応しない

「その地猫、というのはどういう生き物でしょう?」「地下に巣を作る生き物だ

警戒心が強くて殆ど捕まえるようなことはできないくらい逃げが上手い

地下暮らしだからか夜目も聞くようで基本的には生物の寝静まった夜に出てきて食料を確保することが多いみたいだな

匂いも含め様々な要因から罠などの危険を察知、音にも敏感で近寄ろうとする生物の微かな足音でも気づく……余程巧妙に足音を隠せる生き物でもなければ近づくことも難しい

魔法への反応もかなりのものだ

今回俺は大地に対して魔法を使ったから取り出せたが……風の魔法などで地図を作ろうとしたらおそらく感知されて穴を閉ざして別の場所に穴を作ったか、巣ごと移動した可能性もあったな」「詳しいですね…………」「一匹でも捕まえられれば情報を入手できる手段はあるからな」「番で、ということですが……増やすのですよね? 彼らの希少性は失われるということですよね……」「まあ、価値は下がるだろうな」「価値が下がる…………」 ふっ、とアリルフィーラが顔を下げる

「…………ねえキイ様?」「なんだ?」「この子、大丈夫なの?」「……多分大丈夫だ」 アリルフィーラの持つ性質、公也が知っているそれをヴィローサも察する