メンマ パチンコ

メンマ パチンコ

それがコノミの〝演出〟だって、気付いてるよね?」「そうかもしれない、程度には思っておりますが、どこからどこまでがそうなのかは、わかっておりません、マァム」「そこまで見抜かれてたら、私はとっくに白旗を上げて逃げてる

――いいぜミヤコさん、やってもいい

あなたも好きかも:大船渡 パチンコ 屋
だけど〝本気〟はなしだ、条件をつけろ

私は手の内をこいつに晒す気はねえ」「――」 そうかと、気付く

すべてはその一言に集約されているのだ

コノミは、手の内を隠すのである

それは戦闘に限らず、日常的に、隠そうとする態度そのものすら利用して、己の印象を複雑なものに変えている――そんな生き方もあるのかと、それだけで済ませてしまうには難しすぎるけれど、しかし、納得はできた

「気付いたか、そういうことだ」「ほんと、コノミってば徹底してるから

あなたも好きかも:タンク ゴールド
あたしにだって全部見せてないし」「当然だろ……ミヤコさんに全部見せたら、そこで私は終わりだ」「かわいくない」「よく言われるよ、お袋にな

全部見せた相手は、これまで私が殺した相手と、親父くらいなもんだ

それ以上がなけりゃ、私の人生は安泰だな」「本当にこの子はもう……」 次によく言われるのは素直じゃないだ、なんてことをコノミは続けて言うものだから、さすがのオボロも苦笑顔だ

あなたも好きかも:那智勝浦町 パチンコ
「それに、場所が場所だ

本音を言えば、何をしようともカイドウには見られたくない」「……警戒しておられるのですか?」「聞こえてねえから言うが、その通りだ

私なんかより、野郎の方がよっぽどえげつない

余裕ができたなら、お前も気を付けておけ

ちなみに性格がどうのってわけじゃない――ただ」「ただ?」「いざ決断した時に、容赦がないってことは、私よりもミヤコさんの方が知ってるだろ

続きを促すなよ」「まあねえ……」「偏見を持たせるつもりはないが、私やオボロみたいなのにとって、野郎はなかなか厄介だ

当人に自覚はねえのが今は救いか」 そう言われても実感はない

だが、覚えておこうと思って頷いておいた