パチスロエヴァンゲリオン新台

パチスロエヴァンゲリオン新台

(仕事でもよくあった

内部からの反発がないときに限って、後から責任を押し付けられ……って、俺も仕返しとばかりにやり返してきた俺だからこそわかるんだ) 以前は当時のことを思い出す度に苛ついていたが、今ではあのときの経験が活きていることに苦笑した

「……承知した

一応今はそなたが妾の責任者じゃからな」「責任者としてではないのだが……頼む、ユーイ」「御意」 ユーイは瞬時に姿を消し、偵察の任に就いたのだった

「頼んだぜ、ユーイ」 …… ………… ………………(一斗には大きな貸しもある

それに……)「あやつがこれから何を成すのか、一緒に見てみたい

あなたも好きかも:有吉弘行 パチンコ
出来る限り近くで……フッ、変わったものだな、妾も」 緊張感のある任務の最中なのにもかかわらず、不謹慎だがどこか穏やかな気持ちでいることができる

 これまでにはなかった感覚――そのことに戸惑いつつも、うれしさを感じるユーイ

「あの冷酷なあなたが(・・・・・・・・・)、まさかそんな表情をするとは――」「何奴!?」 シュッ――キンッ! 突如響いてきた声の位置に目が掛けて、ユーイはクナイを投げつけたが弾かれた音がした

 今度は相手から何かが投げつけられる

あなたも好きかも:パチスロ シュミレーター 無料
「甘い!」 投げつけられた物体が爆弾だと思い、双剣で瞬時に4つに切り分ける

あなたも好きかも:パチスロ 4リール
 パンッ!「何っ!?」 すると、物体は風船が割れたように弾け散り、ユーイを中心に光のドームが覆った

 ドームから抜け出そうとするが阻まれ、抜け出せそうもない

 ユーイは双剣で目の前の壁に斬りつけるが――キーン、という音が響くだけで傷一つ付けることができなかった