中種子 ぱちんこ

中種子 ぱちんこ

一方的に数時間相手を殴りまくったところで何一つ面白くなかった

あなたも好きかも:ソウルキャリバー スロット ボーナス終了画面
自分の感覚がまだ正常らしいのはありがたいが疲れだけが蓄積したのは辛いかもしれない

「あのー交代しますかー?」珍しく良いタイミングで美射が言ってきたので「頼むわ……穏便にやれよ」「はいさー

お任せあれー」次の瞬間には意識が吹き飛んだ

……気付くと体育座りして胡坐をかいているマリーの隣に座っていた

あなたも好きかも:カムサ スロット
真っ白な精神世界だ

美射の内的世界ともいえるかもしれない

目の前には四角い窓が開いていて入れ代わった美射が物理体で見ている外の視界が映っている

「……見事なものじゃな……」マリーはポツリと呟いた

あなたも好きかも:スロット セレクター 清掃
「いや、酷かった

あんな一方的な暴力じゃなくて 本当は話し合いとかで解決したい」「……お主なら、そうじゃろうな」美射は近づいてきた精神体のシュエと何か話しているようだが音声は聞こえてこない

俺が外の世界に興味を失っているからだろうか

よくわからないが今は助かるな

と思っていると「わらわのな、物理体はタジマのそれよりも 遥かに強かった

けれど、わらわは きっと、タジマと戦っても勝てなかったじゃろうな……」「そうか?分裂し続ける物理体だったんだろ? 勝てなかったかもなぁ」マリーは寂しげに笑うと「悪意と醜悪さは、誠実さを上回ると わらわは思い、ひたすらそれを極めようとした

 けれど、結果的に何一つ成しえずに やったことの罰のように、今更蘇って 誠実さの塊が、世界を塗り替える様を見せられておる」「……もしかして、俺のこと言ってるなら 何にも塗り替えてないだろ……帰魂石を取って さっさと地上に帰りたいだけだわ……」本当にどうしてこんなことになっているか