スロット ガンダム 中段チェリー 恩恵

スロット ガンダム 中段チェリー 恩恵

ファリアは、その日、いつになく自分の機嫌がいいことに気づいていた

 戦宮の執務室に籠もり、書類仕事に向き合いながら、ときに鼻歌などを浮かべていることさえあった

めずらしいことだ

いや、めずらしいという次元ですらないだろう

あなたも好きかも:ガルパン スロット カツムービー
“大破壊”以来、そのような日があった例がない

 ファリアが戦女神を受け継いだのは、“大破壊”直後といってもいい時期だった

それからというもの、ファリアは常日頃から自分を律し続けなければならなかった

彼女が理想と掲げる戦女神像に自分自身を少しでも近づけるためには、自分を甘やかしてなどいられるはずもなく、どのような状況であっても気が抜けなかったし、いつだって戦女神たろうとする努力を続けてきた

あなたも好きかも:パチンコ 打ち 方 釘
息を抜くことができるのは、仕事をしていないほんのわずかな時間であり、それさえも、他人の視線があればそうはいかなかった

あなたも好きかも:パチンコ 一騎当千 地下室モード
戦女神としての顔をしなければならなかったし、言動に気をつける必要があった

 戦女神とは、高潔で清純なまさに女神と呼ぶに相応しい人間なのだ

 ファリアは、自分がそのような人間とは程遠い人格、精神性であることをだれよりも理解していたし、故にこそ、日常から言動に気をつけ、理想の戦女神らしく振る舞うよう細心の注意を払っていた

そうした努力が実を結んだのか、いまでは継承当時とは比べ物にならないくらいにリョハンのひとびとに敬われ、慕われているということを肌で実感する

ファリアが理想とする戦女神像は、リョハンのひとびとが想像する戦女神の姿に近いという証明だろう