沖縄4 パチンコ

沖縄4 パチンコ

  怯えたような表情で、机の上にあるマグカップを見つめている

 いや、視線がそちらへ向いているだけだろう

「どうですか」 サトミの問い掛けに、彼と向かい合っていた阿川君が肩をすくめる

「黙秘権を行使したいらしい

弁護士でも呼ぶか?」「阿川君」「はいはい」  山下さんにたしなめられ、席を立つ

 元々、大してやる気もなかったようだ

あなたも好きかも:七瀬 なつみ スロット
「遠野さん、代わる?」「そうですね」 髪をたなびかせ、彼の前に腰を下ろすサトミ

 先程の彼女の印象が残っているのか、怯えの表情がさらに強まる

「何もしないわ

あなたも好きかも:クリスタルガラス バカラ
舞地さんの事もあるし」「ぼ、僕は」 だがそこで言葉は終わる

 サトミはかまわず、記録用のDDを動かし始めた

「規則に従って、一応録るわ

どこにも報告はしないけれど、私達も不正を行わないという事を分かってもらうために」 彼の言葉を待たず、白紙のプリントとペンを渡す

あなたも好きかも:スロット neo 水戸
「名前と、現住所を書いて

後、今回の謝罪文

それで終わりよ」「サトミ」「だったら、被害届を出す?」  彼を見据えたまま返してくるサトミ