大森 パチンコ おすすめ

大森 パチンコ おすすめ

そしてネェツアークとグランドールも、会話の流れの特徴でアルセンがアルスの事を"本当に弟のように可愛がる理由"を垣間見たきがした

あなたも好きかも:盛岡 パチンコ ガイア
(昔のワシらの雰囲気と似ているのう

特に"今の"アルスは、アルセンに)グランドールから送られてくるテレパシーで、ネェツアークはまだ軍学校でつるんでいた頃の"若造"の自分達が簡単に思い出せる

"マクガフィン中曹、サクスフォーン中曹、さっきの講義なんですが

質問してもよいですか?"「アプリコット様は、ルイ君と少名毘古那神の間を"取り持つ"為に動けなくなる…まではいかなくても、行動が常時の時よりは遅くなる

ただ動きが遅くはなるけれど、魔術の方面はこなす事が出来る

そんな風に考えてよいのでしょうか?」あの時の少年と同じように、金色の髪を揺らしアルスはネェツアークを見上げる

(ほう、アルセン

よくそこまで分かったのう)(さすが、私とグランドールのお世話する班にいるだけあるね)「魔術が不得手なのによく、そこまで判りましたね

パドリック様が、お気に入りなのも納得です」先程から繰り広げられていく考察と、鋭いアルスの観察眼に驚きながらも、そこにアルセンが自分の"跡目"にアルスを仕込んでいるのがネェツアークには良く分かった

「自分がアルセン様のお気に入りだったなら、本当に嬉しいです」ネェツアークに"アルセンのお気に入り"と言われて、照れ笑いしながらも、アルスは直ぐに小さく首を横に振った

「けれど、アルセン様にはお気に入りとか関係なくて、それ以上の"方々"がいらっしゃいますから」今は背を向ける形になっている敬愛する人の親友だというグランドールや、今は姿を消している"ウサギの賢者"を意識して、アルスはそう断言する

あなたも好きかも:gantz パチンコ 評価 極み
「ただ、アルセン様に認めて貰えたならとは、正直に言ったなら、いつも心の中で思っています」アルス自身、ネェツアークと話すことで少しだけ気持ちを高揚させてしまっていて、思わず本音を口に出してしまっている

何よりこの場にいる人たちが、皆大人で、尊敬して信頼出来てしまうから、日頃どちらかと言えば寡黙な少年は考察を述べる理由があるにしても、多弁になってしまっていた

そして胸に隠し持った信念を語る姿は本当に、先に国から"英雄"として認められた3人に追いつこうとしている少年の頃のアルセンの姿を、ネェツアークやグランドールにまた思い出させた