マークジェイ パチンコ

マークジェイ パチンコ

「わたくしがダンケルフェルガーの騎士達を連れてエーレンフェストへ向かうと連絡した際には、まだお父様はダンケルフェルガーにいらっしゃいました」「私も中央の状況はよくわからぬ

二日前だったか? ハルトムートやクラリッサから手紙の連絡が届いた時に貴族院の騎士達を通して連絡は入れた」 養父様はわたしがフェルディナンドの救出を行い、ランツェナーヴェとの戦いがあったことを知らせたそうだ

特に緊急事態ではないので、直通の連絡道具は使わなかったらしい

「それに対して王族は何と?」「中央騎士団に伝えて守りを固めているのに、アーレンスバッハとランツェナーヴェの者達がまだ来ない

あなたも好きかも:スロット きちがい
いつになれば来るのか、本当に中央へ来ているのか、いつ頃にダンケルフェルガーへ連絡を入れるのが適当なのかという質問が来た」 そんな呑気な質問が届いたのは、自分のところの礎の防衛に忙しかった昨日の朝だそうだ

養父様は優先度が低い、と回答を後回しにしたらしい

その気持ちはわかる

あなたも好きかも:信長の野望 パチンコ 甘 設定判別
「そのようなことを私が知るわけがなかろう? 今現在、中央が危機ではないのならば、回答は其方等が戻ってからで十分だと思ったのだ

何か王族に向けて回答できそうなことはあるか?」「グルトリスハイトを狙っているならば、ディートリンデ達が向かったのは貴族院に決まっています」 フェルディナンドが当たり前の顔でそう言うと、養父様が少し顔色を変えて「すぐに王族に連絡を」と腰を浮かせる

フェルディナンドは「大丈夫です、アウブ」と軽く手を挙げて、その動きを制した

「王族の安全を考えるならば、中央の離宮に籠っているのが一番でしょう

あちらにグルトリスハイトが渡らぬかぎりは、そのままの状態が一番人的な被害が少ないと考えられます」 余計なことを言う必要はないと遠回しに言いながら、フェルディナンドはユストクスに合図をして立ち上がる

あなたも好きかも:パチスロ エウレカ 天井
「至急ヒルシュール先生に連絡を取り、貴族院の現状についての情報を集めてください

アーレンスバッハは寮を閉鎖した上に、寮監が解任されていて、新しい寮監は領主会議で任命予定だったため不在です

できれば、ダンケルフェルガーにも連絡を入れて、王族の現状を伝え、ルーフェン先生にも貴族院の様子を探ってもらってください」 中央に異変がないならば、ディートリンデ達が動き回っているのは貴族院に違いない