ミリオンライブ パチンコ スペック

ミリオンライブ パチンコ スペック

「優樹が悪いんじゃないよ

一平が悪いんだ」 「オレちゃうっちゅーねん!」と、遠目にいる大介の後ろから身を乗り出して睨む

 優樹は困惑げに膝の上の両手を絡め、深く息を吐いた

「……ホントに逃げ足早いし、隙を狙っていたずらしてくるから……」「スカート捲りとか?」「うん……」 自然の流れで返事をしてしまったあとで不快な気配に気付き、慌ててぎこちなく笑い掛けた

「そ、それは……、こ、子どもって、すぐ……ね?」「……

あなたも好きかも:パチスロ ノーマル おすすめ
しばらくの間、下にホットパンツ履くなりしたら?」「……持ってない」「……」「お、お姉ちゃんに買ってきてもらっておく」 じっとりと目を細められ、宥めるように焦って彼の膝をポンポンと叩く

「なんかおかしいね」 加奈が怪訝にやってきて優樹の側に腰を下ろすと、反町は彼女に目を向けて首を傾げた

「おかしいって?」「気付かなかった?」「……なにが?」「優樹ちゃんの話じゃ、あの子、優樹ちゃんに裏切られたから意地悪してるって感じだけど、おかしいよね」「だから、なにが?」「流のこともわかったのに、流には全然敵意は示さなかった

あなたも好きかも:パチンコ ハデス
優樹ちゃんばっかり睨んでたよ?」 加奈は顔をしかめつつ肩を竦めた

あなたも好きかも:韓国 カジノ スロット 遊び方
「裏切られたっていうなら、その相手にだって敵意を向けると思わない? けど、流の顔を覚えたってだけで、何もなかったよね

あの子、ホントに優樹ちゃんに裏切られたからって恨みで意地悪してるのかな? それだけじゃない気がするよ」 反町は加奈から大介の後ろに隠れている一平へと目を向けた

恨めしそうなその視線に、一平はガックリと肩を落として首を振る

「……はいはい

……どーせ“オレ絡み”なんやろ……」 諦めきった気配に、大介は哀れんだ表情で「ポン」と肩に手を置き、フルフルと首を振った