パチンコ プレミア

パチンコ プレミア

物語の顛末に向けて展開が早まっているのかもしれないと言われてはいたが、体感する時間ではまだ午後のお茶くらいの時間だった気がする

(でも、怪我をしたりウィリアムさんの話を聞いたり、実際には思っていたよりもずっと時間を使ったのかもしれない…………)ネアをケープの内側に入れて抱いて歩いているウィリアムは、その漆黒の軍服の装いが、彼を酷く不穏なものに見せていた

艶麗で酷薄で、周囲を伺う葡萄酒色の瞳はぞくりとする程に鋭い

「…………五人、いや六人か

あなたも好きかも:パチンコ 当たりやすいゾーン
巡礼者がいるな

リンジンではないが、誰であれ、彼と手を組んでいるのであれば厄介なのは間違いないか

……くれぐれも、そのケープを脱がないようにしろ」「…………はい」薄暗くなりかけたブンシェのいたるところに、住人達の慣れ果てであるあの黒い影が蠢いていた

ネアは薄闇に紛れて襲いかかってくるその悍ましさに心が竦み、彼等には自我のようなものは残っているのだろうかと考える

あなたも好きかも:長野県 パチンコ イベント
しかし、べったりと塗り潰されたような顔には表情を窺えるだけの要素はなく、衣服などを纏っている訳でもない、炭化した人型の亡霊のような姿なので、それを確かめる術はない

「…………塔だ」ネア達が身を潜めたのは、比較的塔に近いところにある家だったので、緑の塔の外周にある広場に出たのは、すぐのことだった

広場は、砂色の石畳が敷かれていた

花壇などもあって綺麗に緑化されており、緑色の塔の周囲にも大きな木がある

しかし、広場に置かれた松明などで明るく照らされたダーダムウェルの魔術師の塔は、どこか不穏なものにさえ見えるのだった

「…………ウィリアムさん、あの武器を」「ああ、忘れてはいない

下ろしたところから動くなよ」「…………はい

私は、動かない柱になるのですよね」「もし、避けようもない攻撃が来た場合だけ動け

ただし、その場合は声をかけてくれ」「はい!」大きな木で囲まれた緑の塔の周辺にある広場には、ここまで歩いてきた街並みなどの比ではないくらいに、あの黒い影が溢れていた

中には大きな漆黒の馬車を牽く御者になっているものもおり、軍隊のような静けさにネアは戦慄する