楽シーサー スロット

楽シーサー スロット

完全体なのだから、当然だ

しかし、その分、受ける攻撃も多くなる

シドがオールラウンドのままではなく、八雷の化身となったのは、オールラウンドの巨躯では、フレイムコーラーの分身攻撃を捌ききれないと踏んだからだ

 大きな的以外のなにものでもない

あなたも好きかも:カジノ 反対 団体
 もちろん、オールラウンドは鈍重ではないし、最高速度においてほかに並ぶものがいないほどだが、しかし、フレイムコーラーの分身による包囲網を突破するには、その巨大さが徒となる

故に、彼は八雷の化身となり、フレイムコーラーの分身戦術を凌ぎきろうとしたのだが、甘かった

 フレイムコーラーの分身は、数が減れば経るほど、力が増している

あなたも好きかも:パチスロ 緋弾のアリア フィギュア
いずれ同じ数になったときには、疲弊しきったシドと、余力を残したゼクシスとで、明暗がはっきりとわかれることになるだろう

「分身には分身で対抗とはよく考えた

あなたも好きかも:ハーデス 新台 スロット
しかし、少々、考えが足りなかったようだな」「ああ、そうかもしれない」 シドは、ゼクシスの挑発を受けて、素直に認めた

 フレイムコーラーの分身戦術は、シドを斃すためではなく、シドを疲弊させ、消耗させるためだけのものだ

そのため、分身の力は弱く、たとえ撃破されたとしても、ゼクシスにとって痛手にならないようになっている

その上で、減った分だけ強くなる、という仕組みが実に嫌らしく、効果的に機能しているのだから、脱帽ものだ