スロット ゴールドモンキー

スロット ゴールドモンキー

「でも寒い……」「やめときなさいって

あなたも好きかも:ライフ パチンコ
懲りないな、お前も」 恨めしそうな顔でこっちを見るんじゃない

そんなに寒いかな

と、空を見上げる

あなたも好きかも:ブルーライト パチンコ
確かにびちょびちょだったさっきは寒く感じたが、暑いくらいに日も照りつけているし……服だってすっかり…………乾き切ってはいないにしても、もう肌にはりつく程濡れているわけじゃない

あなたも好きかも:スロット スカイガールズ 終了画面
ミラの寒がり方に少し違和感を感じていると、涙を浮かべた少女はすごすごと僕の方へ寄ってきて……「ちょ……ちょっとミラ

どんだけ寒いんだよ

大丈夫か?」 僕の膝の上に登ってきた

がたがたと震えながら黙って頷くその姿に、僕らは流石に不安を覚える

まだ冷たい髪を撫でてミラをぎゅっと抱きしめれば、ガチガチ歯を鳴らしているのが分かった

「……悪いオックス

どっか宿取って来て貰えないか? とりあえず、今日は早めに休ませよう」「了解っス」 すっかり元気になったオックスを見送って、僕は震える少女を必死で温める

こんなに弱々しい姿を見るのはガラガダ帰り以来だ

ミラもやはり歳相応の少女に過ぎない、体が冷えれば体調も崩すと言うものだ

「…………アギト……」「なんだ? まだ寒いか? 待ってろ、今オックスに泊まる部屋確保して貰ってるから」 ぎゅうと僕の服を掴んでミラは小声で名前を呼んだ

こんなに小さかったかと不安になる程縮こまった肩を抱いて、僕はその声に耳を傾ける

「…………お腹すいた……」「よし、元気だな

元気じゃないか