麻雀物語 3 パチンコ

麻雀物語 3 パチンコ

強力な熱量の塊がつぎつぎと発射され、吸い込まれるように巨神の顔面に突き刺さっていく

直撃とと同時に爆発を起こし、爆煙が巨神の顔面を覆っていく

凄まじい衝撃が巨神の全身を揺らし、破壊音が響き渡る

あなたも好きかも:パチンコ 喫煙ブース 変更届
いくら巨神が神の力によって組み立てられたものとはいえ、元となったのは飛翔船なのだ

飛翔船の素材は未知の金属だが、破壊できないものではなかった

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン スロット アプリ
少なくともウルクたちの攻撃は通用している

そして、飛翔船の部品で組み上げられた巨人に波光砲が通用しないわけがなかった

あなたも好きかも:スロット 目押しできないと
防御障壁の外側からならばいざ知らず、防御障壁の内側からならば通用しないはずもない

 実際、ウルク、イル、エルの連装式波光砲は、瞬く間に巨神の頭部を徹底的に破壊し尽くした

顔面を打ち砕き、その内部構造も粉々に爆砕していったのだ

そしてそのまま、ウルクたちは連装式波光砲を乱射しながら胴体に射線を移し、巨神の不細工な躯体を打ち砕いていく

すると、巨神が上体を揺り動かしてウルクたちを振り落とそうとした

しかし、その程度で落とされるウルクたちではない

巨神の肩当てに足を突き刺すことで安定を図ると、さらに攻撃を続けて見せた

そのことが神の怒りを買ったようだ

「おのれ……! 不完全な人間もどきどもが!」 巨神の全身が光を帯びた

全周囲砲撃の前触れだ

直後、目の前が真っ暗になった

「人間もどき?」 ウルクは、視界が元に戻り、マユラ神による空間転移が成功するのを確かめるまでもなく、告げた