パチンコ アース線

パチンコ アース線

 これが近接同士の戦いだともっと近づいていたりする

 その辺りは、完全に闘技者の感覚に任せられているため、どこまで近づかなければならないといったルールは、本来は無いのだ

 開始の合図が来るのを待っていたジアーナが、突然コウヒに話しかけて来た

あなたも好きかも:コロナ パチンコ 意見
「さて、いよいよ始まるわね

随分と待たせたのかしら?」 ある程度の距離がある両者だったが、それほど声を張っているわけでもないのに、ジアーナの声はしっかりとコウヒに届いていた

 魔法を使っているのだ

 戦闘前に魔力を使っているのは、余裕の表れなのだろう

 そんなジアーナに対して、コウヒは特に何も答えずにいつもの表情で淡々と相手を見ているだけだった

「戦闘前には会話はしないという事かしら? まあ、どちらでもいいけれど」 そんなことを言ってフフフと笑うジアーナは、余裕の表情だった

 自分が負けるとは、欠片も考えていないのだ

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 余裕の表情でコウヒに話しかけるジアーナと、全く表情を変えないコウヒ

あなたも好きかも:sd カード スロット ない
 そんな二人の前哨戦は全く顧みることなく、戦いが始まった

 まず先手を取ったのはコウヒだった

 これまで闘技場内で行われてきた戦いと同じように、その驚異的なスピードで相手に迫って攻撃したのである

 事前にジアーナの間合いで止まっていたのは、コウヒの作戦だ

 その距離では同じ攻撃をしてこないと思わせるために、遠い間合いを取ったのだ