エウレカ 一撃 パチンコ

エウレカ 一撃 パチンコ

良かった……一応理由があって……

「わはーそういうことですよー

 じゃあ、みなさーん今日のライブはタカユキさん作曲の オール新曲でいきますよー」ワハの言葉に他の皆が頷いた

「……作曲?」「はいータカユキさんが即興で弾いたベースラインに その場で肉付けして曲にしますー

あなたも好きかも:萌萌大戦争 パチンコ 甘
がんばってくださいー」「いや、それ、色々と間違ってると思うけど……」俺にもその意味は分かる

つまりアドリブを延々と重ねるということである

わざわざツアーに応募して来てくれた熱心なファンなわけだし既存の曲を聞きたいという人も相当に居るはずだが……

マイカがツカツカと近寄ってきて「……ビッグアーティスト……チャレンジして…… ……脱皮……していく……今が……そうだ……」「いや、どうなんだよ

あなたも好きかも:パチンコ ワシントンスクエア春江
このチャレンジはいいのかよ……」幾らなんでもふざけすぎな気がするが

マイカはポンポンと俺の肩を叩いて「……タカユキ様……も……殻を……破れ……」「え、俺!?」破る殻がないぞ……というか殻があったとしても中身スッカスカなんだが……

マイカは真面目な顔で頷いて元の位置に戻って再び鳴り響き始めたショウランのノイズギターに会わせて踊りだした

ステージ脇ではテーブルの上に立ったにゃからんてぃが腕を組んでウンウンと頷いている

あいつ的にはこれでいいらしい

その後、三時間くらいリハーサルは続き精神的にちょうどクタクタになったところで一旦解散ということになった

ライブ本番は夜中なので、メンバー全員一旦仮眠を取って備えるらしい

俺は周りがひたすら優しいので、何となく楽器を弾くということが何なのか掴めた気がする