カジノ バカラ

カジノ バカラ

 むしろ、空いている反対側の腕に自身の腕を絡めて来た

 これには、考助もびっくりした

 コウヒがこうした行動を(夜以外に)取るのは、非常に珍しいのである

あなたも好きかも:マカオ カジノ 一攫千金
「・・・・・・コウヒ!?」「ダメ・・・ですか?」「いやいや

そんなことは無いよ」「では、しばらくの間お許しください」 そんな二人のやり取りを、コレットはニヤニヤしながら見守っていた

あなたも好きかも:スロット ルパン ロイヤル ロード
 もちろん、自分が絡めている腕は、つないだままである

「まあ、たまにはコウヒとそういうことしてもいいんじゃない?」「いや、そうなんだけどね? 突然だったから、驚いただけだよ」「ふーん・・・?」「何? その視線は・・・?」「なんか、私の時より嬉しそうに見えたから」「いや、そんなことないよ

・・・ない・・・よね?」 考助のその答えに、コレットはムッとした

「なぜそこで疑問形になるのよ」「いやだって・・・コレットはいつもの事じゃないか

けど、コウヒが自主的にこんなことをするのは、多分初めてか、しばらくぶりのことだし・・・?」「むー・・・私もしばらく控えようかな?」 基本的に、考助にくっつくことを好むコレットがそんなことを言いだした

「・・・・・・何のために?」「もちろん、久しぶりに抱き付いてドキドキさせるために?」「・・・・・・出来るの?」「無理!」 悲しいほどきっぱりと否定するコレットであった

 そんなことをしていた考助たちの周りには、この階層の召喚獣である鸞和達がいた

あなたも好きかも:東大阪市 パチンコ 店
 何羽かの鸞和達は、何か珍しい物を見るように<火の妖精石>を眺めている

 時折<火の妖精石>をそのくちばしで、つつこうとするような者達がいたが、なぜか全て直前で止めていた

 コレット曰く、<火の妖精石>の力を感じているのではないかということだった

 文字通り、下手につつくのは、駄目だと理解していたのかもしれない

 しばらくの間、考助達は<火の妖精石>と鸞和達の様子を見ていたが、特に変化が起こらなかった(妖精石と鸞和たちのどちらも)ので、管理層へと戻った