ガンダム パチスロ 天井

ガンダム パチスロ 天井

 整列している兵士たちの前にやってきたカレンが、兵士たちに作戦の説明を始めた

「これから私たちは、カルガニスタンの砂漠の真っ只中に降下するわ

攻撃目標はテンプル騎士団を攻撃している吸血鬼の主力部隊よ

すでにテンプル騎士団の猛攻で後退を始めているとはいえ、敵はまだ160mm滑腔砲を搭載した超重戦車で応戦しているわ

油断できないわよ」 彼女が160mm滑腔砲と言った途端、私兵の一部がざわついた

あなたも好きかも:デッドオアアライブ ぱちんこ
すでにヴリシアで近代化改修型のマウスを目の当たりにしていた兵士たちは、黙って彼女の説明を聞いている

 ドルレアン家の私兵たちは、モリガン・カンパニーの兵士たちと合同訓練を何度も行っているとはいえ、現代兵器を装備して実戦を経験したことはあまりないのだ

つまり彼らの錬度は、あらゆる激戦を経験してきたハーレム・ヘルファイターズとは比べ物にならないほど低いのである

「まず後退していく敵部隊の側面に降下して、反撃を続けるテンプル騎士団の部隊を支援するわよ」「カレン様、包囲はしないのですか?」 今しがた質問した私兵は、後退していく吸血鬼たちの後方に降下すれば敵を包囲する事ができると考えたのだろう

あなたも好きかも:モンキー スロット モード
確かに、撤退していく敵部隊の目の前に立ちはだかれば、後続のテンプル騎士団の部隊と共に包囲する事ができるに違いない

あなたも好きかも:ビッグバッドウルフ スロット
「―――――――たった400人の歩兵と5両の戦車で、こっちよりも規模の大きな部隊の目の前に立ちはだかったらどうなると思う?」「あ…………」 テンプル騎士団の猛攻で弱体化しているとはいえ、吸血鬼たちの兵力はドルレアン家の私兵とハーレム・ヘルファイターズの規模を上回っている

しかも、敵の戦車部隊の中には近代化改修型のマウスも含まれているため、立ちはだかろうとすれば160mm滑腔砲の餌食になるのが関の山だ