名谷 パチンコ バイト

名谷 パチンコ バイト

「なあ、チビっ子

名前は何ていう……?」「えーっと、ラグネ・カイクヲラっす……」「ラグネ、助かった

おまえの冷やっとした奇襲のおかげで頭も冷えた

あなたも好きかも:糞台 パチスロ
正直、渦波に会えて興奮し過ぎてたぜ」「そうっすね

傍目で見ると、かなり頭のやられた人だったっすよ

落ち着いてくれて非常に助かるっす」「くははっ

はっきり言うぜ

そのちょっと変なところが俺のチャームポイントのつもりなんだがな」「あれが魅力になると思ってるところがまた頭おかしいっすね

あはは」 気を許しあった友人かのように、二人は冗談を飛ばし合う

 妙なわだかまりが残ることなく和解できてよかったと思う反面、少し仲良くなるのが早いような気もする

あなたも好きかも:パチンコ 蒼天の拳 信頼度
どこか共感する部分が二人にはあるのかもしれない

 そして、二人が十分に皮肉を含んだ掛け合いをしたところで、ファフナーは手にした赤い十字架を見ながら僕に話し掛けてくる

「――もう今日は終わり(おひらき)だな

妙な六つ目のルールがあるとわかった以上、穏便に俺を消滅させる方法はない