パチンコ オータ事件

パチンコ オータ事件

おい、その顔をやめろ………………」ネアが悲しい顔でそっとチョコレートを差し出すと、アルテアからじろりと睨まれてしまった

あなたも好きかも:ダイエイ パチンコ 埼玉
しかしチョコレートは受け取るので、やはり寂しくて胸が苦しいのかもしれない

ウィリアムとのダンスの合間に、この使い魔も構ってあげなくてはと、ネアは密かな誓いを胸に抱く

「さて、そろそろ行こうか

アルテアは、………その、……ええと、彼女と一緒に?」「お前のそのやり口は、わざとだな…………」そうネアの手を取ったウィリアムも、アルテアの同伴者には上手く言及出来ないらしい

口ごもってしまったウィリアムを、アルテアは冷やかな目で見返した

「いや、いくら俺でも、あなたが人形と踊るとなると、対応に苦慮しますよ…………」「……………ほお?俺は、人形とは踊らないと話さなかったか?」「おや、そうでしたっけ」ふわりと、ウィリアムがネアの手を取ってくれる

あなたも好きかも:オンラインゲーム bgm
ネアはまず、意識不明の婚約者のところにもう一度行って貰い、つんつんとつついてみた

指先で頬をつつけば、ふっと真珠色の睫毛が揺れて、澄明な水紺色の瞳が開く

あなたも好きかも:パチンコ スマホ いじり
「ずるい…………かわいい…………」「目を覚ましてくれて良かったです

ディノ、行ってきますね」「……………ウィリアムなんて………………」「シルハーン、今日は俺が、責任をもってネアをしっかり守らせていただきます」ウィリアムは、膝を折ってそうディノに約束してくれると、悲しげな目をした魔物はもそもそと起き上がった

胸の上の花に気付き何だろうと首を傾げているので、ネアからのお見舞いの品である旨を伝えておく

ネアの髪に使った薔薇と同じ、花びらがみっしり詰まった水色がかった綺麗な白い薔薇だ

ご主人様からの贈り物だと知り、魔物はぽわりと目元を染めた