愛知 スロット ゼント

愛知 スロット ゼント

「狂い鬼、あんがとね」「ぐがぁ」 風音の言葉に狂い鬼の声が小さく返ってきてその腕も消滅する

そして問題である木箱の中身へと風音は目を向けた

「ふーむ」「こりゃあ封呪布っすね」 その中身を見て風音が唸り、風音の横ではイリアが眉をひそめていた

封呪布とは魔力反応を封じる布である

それは魔法具などの封印や悪魔を封印するために使用されるもので、魔力を発するアイテムの密輸にも使われることがある

あなたも好きかも:ゴットイーター スロット 打ち方
「これって……確か竜船の時に見たヤツじゃないの?」 その弓花の指摘に風音も頷く

 目の前の光景はハイヴァーン公国からミンシアナ王国に戻る際に竜船の内部で見たブラックポーションを運んでいた状況に酷似していた

「となるとオチが見えたよね」 風音が少しだけ苦く笑いながら、封呪布を破ってその中身を確認する

あなたも好きかも:パチンコ 大海 物語 4 動画
「なんすか

あなたも好きかも:パチンコ 田山幸憲
こりゃあ?」 イリアが首を傾げる

その中身はといえば瓶であった

風音がそのひとつを手にとって蓋を開け、中身を取り出す

「黒いあめ玉? いや……」 風音が指でそれを割ってみた

すると中から嗅ぎ覚えのある嫌な臭いが漂ってきたのだ

「妙な臭いっすね