パチスロ ま ど マギ 朝一

パチスロ ま ど マギ 朝一

ただ、それはそれで特殊能力がどのようなものかという謎もあるだろう

あなたも好きかも:スロット 取材日
まあそれに関して言えばここで考えてもわからないことで必要なら本人に聞くのもありだ

あなたも好きかも:スロット リール音対策
そもそも神の剣に何の用事があってきたのか……いや、これは本人が言っていた

ただペティエットは言っていないだけだ

そもそもペティエットも彼から頼まれたのは会いに来たと伝えてくれ、というものだけ

その中身について話す必要性はない

「………………」「メル? どうした?」 そんな話をしている中、メルシーネはかなり警戒心が強い状態になっている

あなたも好きかも:スロット 荒い台
それの公也が気付きメルシーネに声をかける

「なんとなく、わたしにとっては嫌ーな感じがするのです

敵ではないのですけど、この雰囲気はちょっと覚えがあるというか、苦手意識があるのですよ……」「……ペティエットが言った人物のことか?」「別にわたしが知り合いだとかそういうことではないのです」「生まれたばかりだからな」「わたしの持つ知識、わたしの中にあるものがそれが自分に対してよくない、というのがわかるのです

いえ、別に敵対するとは限らないと思うのですけどね」 ペティエットは竜、ならば相手は竜に対する特攻性能があるのでは? いや、むしろ彼女の場合、内包する<桜>の方の影響が強いだろう

「それが何なのかはわかるか?」「……特攻、正式にいうなら、神を殺す力なのですね」「……まさか神殺しとか大層な話だな」「まあ実際に神を殺せるかは知らないのですけどね

ただそれが神に対抗するための……正確には神をぶっ倒すための力なのです

なるほど、確かにそれなら神の剣を作れると思うのですよ」 神殺しを可能とする力を持つのであれば、確かに神のごとき力のある物を作れる……まあ、神を殺せるということは神と戦える、神に等しい力を持つという話になる

ただ、それはそれで疑問もあるが

これに関してはかなり特殊な性質を持つメルシーネが言っていることだから可能性として考えられるという状況にあるだけであり、実際にどうであるかは今のところ不明である

「ねー? よくわからないんだけど、そいつにあって話した方が早くない? そもそも、メルがどうとか気にすることもないでしょ

何の用事できたのか、敵かどうかの確認の方が重要じゃないかしら? 敵なら殺せばいいだけだし」「ヴィローサは物騒なことを言うのですね

わたしの感覚が正しければ、簡単に殺せるような相手ではないのです