エイリアンvsプレデター パチンコ

エイリアンvsプレデター パチンコ

 教室に戻った優樹は「よいしょ」と教科書を抱えると、タタタっと廊下に出た

しばらくは反町と同じ授業だから、それまでは彼と一緒に移動だ

廊下で彼が出て来るのを待ちながら、携帯電話のメールチェックをすると、一件メールが入っているのに気付いてそれを読み、「うーん……」と眉を寄せた

「……どうした?」 近寄ってきた反町が訝しげな表情に気付いて問い掛けると、優樹は携帯電話を仕舞って「ううんっ」と笑顔で首を振った

そして二人でゆっくりと次の授業が行われる化学室へと向かい出す

 優樹は反町を見上げて首を傾げた

あなたも好きかも:学園黙示録 ハイスクールオブザデッド スロット
「お昼、どこに行ってたの? 戻ってきた時、いなかった」「……

一平とちょっと……話しをしてたから」「一平君と? ……どうかしたの?」「なんでもないよ

……優樹の方は? ……なにしてた?」「椎名先生と……ちょっと資料を作ってて」「……

どこで?」「ん? 美術室」「……」「あ、そうそう

流君」 少し視線を下に向ける反町の様子に気付きもせず、優樹は笑顔を向ける

「お勉強、お休みの日って、いつ?」「……、日曜と水曜」「ん、わかった

あなたも好きかも:あしたのジョー パチンコ 享楽
じゃあ……次の日曜日は空いてる?」「……用事はないけど……」「じゃ、その日は空けて置いて

あなたも好きかも:オンライン カジノ 勝てる
絶対ね」「……うん……」 ニコニコ顔の彼女に、一緒に歩きながら足元を見つめる