ヘルプ 恋 が 丘 学園 おたすけ 部 パチンコ

ヘルプ 恋 が 丘 学園 おたすけ 部 パチンコ

そして当然、背中には派手なヘルメットを被ったおかしな宇宙服姿の美射を背負ってそっちも金属コートで巻き付けた

「うっ、うっ血しないかな……」美射が気にして来たので「……宇宙服の上からだから大丈夫じゃないのか? でも気になるなら、ちょっと緩めにするわ

 むしろ、うっ血しない縛り方教えろよ……」「そっ、そうね

地球で言うなら亀甲縛りみたいな……」「……なんでそういう変態的な知識が スッと出てくるんだよ……」俺は文芸部の変態どもに教えられた知識である

そして縛り方までは当然、知らない

「ちっ、ちがいますー

あなたも好きかも:まどマギ スロット きゅうべえ 目
あくまで嗜みとしてですー

 そっ、それに、元々は荷造り用の縛り方だし!! 人を縛るための縛りじゃないし!」「詳しすぎるだろ……」言い訳するために用意していたような知識である

あなたも好きかも:スロット 体感機 販売
「とっ、とにかく教えるから!はよ!パー君が!」アグラニウスの謎の縛り方を美射に教わって、やつを背中に頑丈に縛り付けた

終わったので、血の海に飛び込もうとするといきなり隣にピンクの宇宙服姿のマイカが立っていて「……待て……そのまま……行くと…… タカユキ様……だけ……助かる……」止めてくる

「だろ?おかしなことになるって こいつに散々言ったんだよ……」脱力して答えるとマイカはニヤリと笑い「……闘気の……応用だ……同じ……感覚で 青い炎で……皆を……包め……」「できるのか……やってみよう」真紅の闘気で散々やってきたように金属片さんと美射ごと青い炎を纏おうとするとあっさりと出来た

黙っていた金属片さんが「我々の周囲に異常なエネルギーを感知しました」言ってきたので「俺が出してるんで問題ないです……

 覚えといてもらっていいですかね?」一応、そう頼んでみる

「了解しました

記録します」マイカがニヤニヤしながら俺の腹に巻き付いている曲がった金属片さんを指さし「……おもろいだろ……?……コンピューター ……死んだのに……その特性……この……状態で ……引き継いでる……」俺が答えるより早く、美射が「マイカちゃん!!私の息子を焼き殺す気でしょ!」堪えきれずに聞いてしまいマイカは真っ黒な笑みを浮かべてジロリと俺の背中の美射を見上げ「……楽しい……方だ……私が……常に……選ぶのは……」口を歪めてそう言うと、スッと消えた

無駄な抵抗だとは分かっているが例え、青い炎を纏っていようとも血の池に飛び込みたくないので少し時間を稼ごうと「ちょっと訊きたいんだけど、なんで この血の池に何度も入ろうとしてたんだ?」俺に背負われている美射は少し黙った後に「気づいてない? ここ、重力があるのよ……」さすがにそれは最初から分かっていた

「だよな