ひぐらし2 スロット フリーズ

ひぐらし2 スロット フリーズ

ンで中飛車ね」「そっちこそ、指したことないとか言ってるのに詳しいし、後手番一手損角換わりとか

棒銀って久しぶりに見るなあ

ほんとに初めてなの?」「指すのはな

知識はあるッて言ったろ? 苦手分野じゃねェしよ」「んむー」 そこから十五手ほど進めてから、あれと首を傾げて舞枝為は腕を組んだ

長考かと苦笑して視線を境内に戻し、蓮華はそこに瀬菜を発見して片手を上げた

「――よォ、一ノ瀬」「蓮華……躰を休めなさいと、私は言ったつもりだけれど?」「聞いたよ」「なら、どうして、将棋を指しているのかしら」「いやそうは言うけどな、足以外は別に悪くねェのよな

それに人様の場所じゃァ落ちつかねェよ

歩き回るわけにもいかねェし」「それでも体力的に問題があるでしょう?」「んー……まァ、疲れたら休むようにはするよ

見逃してくれッて」「しょうがないわね……」「あれ、瀬菜姉さん――げっ、いつの間に」「あら、仕事があるのを思い出したかしら?」「えーっと、いやほら、なんていうかその」「おゥ、ここで俺が呼び止めたンだとフォローするのはどうよ?」「それだ!」「蓮華は無理に誘う真似はしないでしょう……どうせ舞枝為から近づいたに決まってるわ」「うぐ……そ、そういう瀬菜姉さんはどうしたの」「……二ノ葉に、役に立たないからどっかに行けと放り出されたのよ」「ええー? いつもの逆じゃん」「そうね、集中できていなかったのは事実だから仕方ないとして――……え?」 盤面を覗き込んだ瀬菜が、目を細めて集中する

あなたも好きかも:パチンコ 帯広 マルハン
それぞれの手駒を見た上でじっと視線を落としてから、しばらくして

あなたも好きかも:パチスロ エロい演出
「――舞枝為」「な、なに?」「詰みよ

十五手」「え!?」「マジかよ!」「蓮華が驚いてどうするのよ……ほら」 ぱちぱちと十五手を進めてみると、確かに詰みだった

何故か蓮華は拍手をしている

ちなみに勝ったのは蓮華の方だ