ぱちんこ 新幹線

ぱちんこ 新幹線

そんな生美を目で追っていた一平は「はあ」と脱力気味なため息を漏らした

「なんやぁ……めっちゃ気ぃ遣うなあ……」 そう呟きビールを一口飲んで缶を膝に下ろすと、再度ため息を漏らす

「ただでさえ頼りないヤツが更に頼りなぁなるて

……運動とかしてエエンか?」「オレが知るかよ」と、怪訝に問われた立花は目を据わらせ、「どうなのかしら? 駄目なんじゃない?」と、生美は視線を上に向けつつ首を傾げる

あなたも好きかも:fonv ブラックジャック
 やはり無知な状態では掘り下げた話しも出来ず、一平は「うーん」と不安げに唸った

あなたも好きかも:男塾 スロット 天井期待値
「ほな……こいつ、もう完全に部活辞めさせた方がエエンちゃうん? ……“あいつら”に絡まれてみぃや

なんや、考えるだけでも恐ろしぃわ」 ブルッと身震いする一平に、「……だな」と立花も真顔で頷き、寝顔に目を向けた

「そこら辺も、一度、マジで話した方がいいだろうな……」「嫌がりそうだけど」 生美はそう肩をすくめて一平の手から彼のビールを取り、一口もらって返した

「絶対、最後までやりきるって言い出しそうよね」「嫌がるもなんもあるか

そんなモンは却下や」 苦笑されて容赦なく首を振ると、一平は目を据わらせため息を吐く

「ホンマやったら、もう、学園ずっと休めぇいう感じやのに」「やばいわよねぇこの子

結構休んでるし、単位もギリギリみたいだし……