パチスロ 戦国バサラ

パチスロ 戦国バサラ

 ――だから、アルティと一緒だ

 そう確信できたとき、炎が巻き起こった

 僕の前方で《王■落土(ロスト・ヴィ・アイシア)》と《レヴァン》を維持するライナーとノワールの、さらに前方

浅瀬から小さな火柱が迸り昇って、近づく■の一部を、その『消えない炎』で払うように燃やした

 さらに炎は周囲を照らしながら凝縮していき、固まっていく

――人型へと(・・・・)

あなたも好きかも:パチスロ 鬼武 者 新作
「こ、この炎……!? け、消せ! 早く消せぇっ!!」 ノイは指示して、消火用に黒紫の暗雲を増やしていく

 炎を守護するライナーの結界を浸食させようと、焦りに焦っていた

 僕は魔法構築すら始めておらず、まだ一人目の輪唱だ

あなたも好きかも:パチンコ vtuber
 だが、すでに副次効果は現れ始めていて、ノイの『なかったこと』にする暗雲が少し晴れていた

あなたも好きかも:バカラ ワイングラス 名入れ
 慌てるノイには悪いが、まだまだこれからだ

 千年前、僕が作った迷宮の真価は、こんなものじゃない