ルパン三世 パチンコ 主役は銭形

ルパン三世 パチンコ 主役は銭形

 確認した直後、三発の銃弾が田宮の躰を貫いた――厳密には衝撃だけが、だ

弾丸自体は当たった直後、ぽろぽろと地面に落ちている

 白井だ

 白井が――そこにいた

 つみれが見た方向とは逆側に、いた

「余計なお世話だよ、ミュウ」「誘ったのはつみれだろう」「そりゃミュウが居たから」 立ち上がったつみれは、裾を払って田宮を一瞥してから白井に軽く手を振って行けと合図し、それからミルエナに振り回されている三人を見る

「あっち、いいの? 田宮さんが回さないと、ばらばらじゃん」「……どうだかな」 距離は十歩手前ほど

拳銃を突きつけても、つみれの気配は変わらない

あなたも好きかも:スロット 絶対衝撃2 販売
ただ、拳銃がひどく重く感じる――こういう時の発砲は厳禁だ

あなたも好きかも:ブラックジャック 全巻
以前、似たような状況で発砲した際、ナイフを構える間もなく内側に踏み込まれた覚えがある

 己の感覚を疑ったら、エスパーではない

 だからナイフを引き抜いた

 つみれの視線は未だに田宮を向いておらず、無防備にも見える横顔が向けられ、さてどうしたものか――などと思っていると、つみれが消える

姿勢を低くして視線を切り、それを再補足して下を見ればもう懐に入るほど近くにいる――縮地、だ

 基本的には初手で視線を切って見失わせ、再補足の時間が一瞬であっても長く感じさせるよう、距離を誤魔化しながら低姿勢から伸びあがるように踏み込むだけだ

理屈ではわかっていても、受け手は一瞬で間合いを詰められたように感じてしまう

 しかも、意識は逸らしていなくとも、こっちを見ていなかった相手にやられれば効果は倍増だ

 つまるところ、田宮はその時点で、一手遅れた

 こういう時、攻撃しようと思っては駄目だ